Top > 古生代 >

オパビニア&ハルキゲニア

ページ公開日:2016年4月3日

オパビニアとハルキゲニア

生息年代:カンブリア紀前期 - 中期
年代数値:約5億4100万年前 - 約5億50万年前

オパビニア(左)、ハルキゲニア(右)(Uploaded by Teddy Cookswell)

(左)オパビニア 体長:4~7センチ
(右)ハルキゲニア 体長2~3センチ

画像元:Cambrian Sea 〜カンブリア紀の海〜
Uploaded by Teddy Cookswell

スポンサーリンク

オパビニアとは?

「ゾウのような長い鼻?」と思われがちですが、実際には吻部(口と周辺部)がノズル状に長く伸びたものです。
この吻部を伸ばして捕食していたと考えられており、下の動画でも獲物であるハルキゲニアを捕える設定で作成されています。

また、頭部に並んでいるボール状のものは眼で、5つもあります。
ノズル状の吻部と5つの眼をもつ独特の姿から、長らく他の生物との類縁関係は不明だとされていましたが、最近ではアノマロカリスとの近縁関係を主張する研究者が増えています。

アノマロカリスの画像(出典:ウィキメディア・コモンズ - Wikimedia Commons)

アノマロカリス
File:AnomalocarisDinoMcanb.jpg - Wikimedia Commons
Author:Photnart

ハルキゲニアとは?

ラテン語で「幻覚のような生物」を意味するハルキゲニアですが、その学名どおり「どちらが前で後ろなのか?」「どちらが上で下なのか?」と、悩んでしまうような生物です。

とげが胴体から四方に突き出ていますが、実際には一対が脚で、もう一対がとげになります。
また、丸いほうが頭部になります。


ところで、ハルキゲニアはスカベンジャー(腐肉食動物)で、下の動画では腐肉を摂食しているハルキゲニアを、オパビニアが襲うという設定になっています。
実際にカンブリア紀の海の中では、そのような生存競争が繰り広げられていたんでしょうね。

参考書籍・参考サイト

スポンサーリンク

Cambrian Sea 〜カンブリア紀の海〜
Uploaded by Teddy Cookswell

伝言版の画像

オパビニアVSハルキゲニア

ハルキゲニアとは「幻覚のような生物」を意味しますが、確かに「どちらが前?後?」「どちらが上?下?」と悩んでしまうような姿ですね。

ハルキゲニアの画像(撮影場所:海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館)
ハルキゲニア
撮影場所:海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
撮影者:当サイトスタッフ/2015年

学会でオパビニアの復元図が公開されたとき、会場内は笑いの渦に包まれたそうです。

「ゾウの鼻のようにも見える長い吻部と5つの眼?本気で言っているのか?」というような感じだったんでしょうか?

オパビニアの画像(出典:ウィキメディア・コモンズ - Wikimedia Commons)
オパビニア
File:Opabinia BW2.jpg - Wikimedia Commons
Author:Nobu Tamura

「オパビニアVSハルキゲニア」ということで、壮絶なビッグファイトを想像していた人も多かったとは思いますが・・・。

実際にはどちらも体長数センチ。
特にハルキゲニアの体長2~3センチというのは、シーモンキーと同程度です。

ちなみに、シーモンキーは「モンキー」ではなく「エビ」でした。
子どものころ、その事実をリアルに見て、ガッカリした記憶があります。

スポンサーリンク


ページ
TOP