Top > 中生代 >

トリケラトプスの動画と解説

ページ公開日:2016年4月3日

トリケラトプス

生息年代:白亜紀後期マーストリヒチアン期
年代数値:約7210万年前 - 約6600万年前
全長:7~9メートル

トリケラトプスの画像(撮影場所:海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館)

トリケラトプス
原型製作:松村しのぶ
撮影場所:海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
撮影者:当サイトスタッフ/2015年

化石産出地:北アメリカ
分類:爬虫綱 / 鳥盤目 / 周飾頭亜目 / 角竜下目 / ケラトプス科 / トリケラトプス属
食性:草食

トリケラトプス属

かつては、十数種がトリケラトプス属に分類されていた時期もありますが、それらは年齢や性別の違いであると判断され、現在では「トリケラトプス・ホリドゥス」と「トリケラトプス・プロルスス」の2種だけが分類されています。
また、代表種(模式種)はT.ホリドゥスになります。


T.ホリドゥスとT.プロルススの画像(出典:ウィキメディア・コモンズ - Wikimedia Commons)

■左:T.プロルスス
■右:T.ホリドゥス
File:Triceratops scale.png - Wikimedia Commons
Author:Matthew Martyniuk

上図は、T.ホリドゥスとT.プロルススの比較になりますが、T.ホリドゥスの鼻の上の角は少し短めです。
T.プロルススの目の上の角は1本に見えますが、描き方の角度によるもので、実際には2本あります。
つまり、どちらも3本の角をもつということになります。

トリケラトプスの意味自体が「3本の角を持つ顔」になります。
「トリ(3)、ケラト(角)、オプス(顔)」です。

新種のトリケラトプス?

上記ではトリケラトプス属には、T.ホリドゥスとT.プロルススの2種だけが分類されると書いていますが、2015年6月5日に「新種の恐竜レガリケラトプス発見、飾りはレトロ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト」という新たなニュースが入ってきました。

トリケラトプスに、新たな仲間が加わった。
三角形の尖った骨が王冠のように並んだ独特のフリルから付けられた名は、「レガリケラトプス(学名:Regaliceratops peterhewsi)」。
<中略>

この新種恐竜レガリケラトプスが属するのは、角を持つ草食恐竜ケラトプス科のなかのカスモサウルス亜科。
<以下省略>

トリケラトプスの分類は「ケラトプス科 / カスモサウルス亜科 / トリケラトプス属」になりますので、上記のレガリケラトプスと同じカスモサウルス亜科ということになります。

また、近年ではレガリケラトプス以外にも、カスモサウルス亜科に分類される新種の恐竜が発見されています。
トリケラトプス属にも、新たな恐竜が加わるのでしょうか?

ティラノサウルスの獲物?

肉食のティラノサウルスと草食のトリケラトプスは、同じような年代と地域に生息していたということから、推測しやすい状況かと思います。
また、実際にティラノサウルスのふん化石からは「トリケラトプス」や、伝言版の画像の「エドモントサウルス」などの骨が見つかっており、骨ごとかみ砕いていたと考えられます。

ただ、普段はおとなしいトリケラトプスですが、ティラノサウルスに襲われそうになったときには、角と巨体で応戦していました。

参考書籍・参考サイト

スポンサーリンク

3DCGによるティラノサウルスとトリケラトプスの狩りの様子
Uploaded by hirousu38

伝言版の画像

ジュラシックパークの
トリケラトプス

映画「ジュラシックパーク(1993年)」世代にはおなじみのワンシーン。
グラントとエリーが病気で倒れているトリケラトプスを見つけます。

トリケラトプスの画像(撮影場所:海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館)
トリケラトプス
撮影場所:海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
撮影者:当サイトスタッフ/2015

上図は再現ジオラマですが、実際の撮影に使用された、トリケラトプスの巨大なフィギュアも同館に飾られてあります。

トリケラトプスの画像(撮影場所:海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館)
トリケラトプス
撮影場所:海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
撮影者:当サイトスタッフ/2015

また、映画「ジュラシックパーク」のCGは、海洋堂の恐竜モデルを製作の資料にしていたそうです。

エドモントサウルス

トリケラトプスと同様に、ティラノサウルスの捕食対象になっていたのがエドモントサウルスです。

「鳥盤目 / ハドロサウルス科」に分類される草食恐竜で、全長9~13メートル。別名「カモノハシ恐竜」とも呼ばれます。

エドモントサウルスの画像(出典:ウィキメディア・コモンズ - Wikimedia Commons)
エドモントサウルス
File:Edmontosaurus BW.jpg - Wikimedia Commons
Author:Nobu Tamura

エドモントサウルスの化石には、ティラノサウルスに襲われたとみられる傷跡が見つかっています。

スポンサーリンク


ページ
TOP