Top > 中生代 >

ティラノサウルスの動画と解説

ページ公開日:2016年4月3日

ティラノサウルス

生息年代:白亜紀後期マーストリヒチアン期
年代数値:約7210万年前 - 約6600万年前
体長:12~13メートル

ティラノサウルス・レックスの画像(撮影場所:京都市青少年科学センター)

ティラノサウルス・レックス
撮影場所:京都市青少年科学センター
撮影者:当サイトスタッフ/2015年

生息地:カナダ、アメリカ
分類:爬虫綱 / 竜盤目 / 獣脚亜目 / ティラノサウルス科 / ティラノサウルス属
食性:肉食

ティラノサウルス類

ティラノサウルスに近縁な恐竜たちが分類されるグループを「ティラノサウルス科」と呼びます。
もちろん、模式種はティラノサウルスです。

一方、「ティラノサウルス上科」は複数の科をまとめたグループであり、同じティラノサウルス科に分類されるほどの近縁関係ではないというような解釈になるのですが、一般的にはティラノサウルス類と呼ばれています。

 ティラノサウルス上科の中に、ティラノサウルス科も含まれます。


ティラノサウルス類には、体長1.6~2メートルの「ディロング」や、体長3メートルの「ラプトレックス」などの小型種。
体長9メートルの「ユウティラヌス」や、体長10~12メートルの「タルボサウルス」などの大型種がいます。


上記のように、ティラノサウルス類には様々な種がいますが、単に「ティラノサウルス」とだけ呼ぶ場合には、「ティラノサウルス・レックス」ただ1種だけを指します。
以下、当サイトで記すティラノサウルスは、ティラノサウルス・レックス種を指します。

ティラノサウルス・レックス

属名のティラノサウルスは「暴君のトカゲ」を意味し、小種名のレックスは「王」を意味します。

その学名どおり、史上最大の陸生肉食動物であり、最大個体では体長14メートル、体重7トンにも達したと推定されています。
それでは、ティラノサウルスの攻撃力とはどのようなものだったのでしょうか?


①巨大な歯
下の動画のサムネイルにも見えていますが、恐ろしく巨大な歯です。
まるでノコギリのようなギザギザの歯の長さは14~18センチ以上もあり、獲物となるトリケラトプスなどを、骨ごとかみ砕いていたと考えられています。

②驚異的な咬合力
咬合力(こうごうりょく)、かむ力のことです。
ティラノサウルスはひとかみで230キロもの肉塊をひきちぎり、その咬合力は約6トン、あるいは3~8トンと推測されています。
ちなみに、現生動物のライオンは313キロ、ホホジロザメは303キロ、ヒトは58キロになります。

ティラノサウルスに羽毛?

最近、よく見受けられるのが「羽毛の生えたティラノサウルス」の復元イメージです。
そのなかには、まるで「巨大なカラーひよこ?」かと思ってしまうぐらいに、カラフルな羽毛がふさふさと生えた画像までありますが、本当にティラノサウルスには羽毛が生えていたのでしょうか?

 カラーひよこ:赤や緑、ピンクなどの染料で着色されたオスのひよこ。
 昭和時代の小学校近くの路上でときどき販売されていました。

この件につきましては少し長くなるので、「羽毛のあるティラノサウルス」として、動画を含めた別ページにまとめてみました。

参考書籍・参考サイト

スポンサーリンク

ティラノサウルス
Uploaded by zoo movie

伝言版の画像

昨今のティラノサウルス

かつてのティラノサウルスは、下の画像のように、爬虫類のような肌感で再現されることが一般的でした。

ティラノサウルスの画像(撮影場所:海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館)
ティラノサウルス
原型製作:松村しのぶ
撮影場所:海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
撮影者:当サイトスタッフ/2015年

しかしながら、下の画像「カウディプテリクス」のように、獣脚類の一部が羽毛をもっていたことがわかってくると・・・。

カウディプテリクスの画像(撮影場所:特別展「スペイン 奇跡の恐竜たち」)
カウディプテリクス
撮影場所:特別展
スペイン 奇跡の恐竜たち

撮影者:当サイトスタッフ/2015年

同じ獣脚類であるティラノサウルスも、下の画像のように、羽毛をもつ姿で復元されるようにもなってきました。

羽毛のあるティラノサウルスの画像
羽毛のあるティラノサウルス
出典:裏辺研究所

再現されるなかには、もこもこな羽毛におおわれたティラノサウルスもありますが、本当にそんな姿をしていたのでしょうか?

羽毛のあるティラノサウルス」として、別ページにまとめてみました。

スポンサーリンク


ページ
TOP