Top >  現生動物 >

ヒョウ(9亜種)の動画と解説

ページ公開日:2016年4月3日

このページではヒョウ全般(9亜種)について書いています。

ヒョウ

分類:哺乳類 / ネコ目 / ネコ科 / ヒョウ属 / ヒョウ
分布域:アフリカ、アラビア半島からロシア、東南アジアなど

体長:100センチ - 190センチ
尾長:70センチ - 95センチ
体重:30キロ - 70キロ
トラ、ライオン、ジャガーに次ぐ4番目に大きなネコ科動物。

ヒョウの亜種

ヒョウの亜種の分布図の画像(作成:古代から現代の動物園)

ヒョウの亜種の分布図(簡易ver.)
ヒョウの画像:いらすとや
作成:当サイトスタッフ/2015年

丸数字は発見(記載)された順番です。

上の画像のように、ヒョウは熱帯に分布する「アフリカヒョウ」から、寒帯に分布する「アムールヒョウ」までの9つの亜種に分類されます。
かつては、25の亜種に分類されることもありました。
DNA分析などから、1996年以降は9つの亜種に分類することが一般的です。

学名:Panthera pardus(Linnaeus, 1758)
分布域:サハラ砂漠より南のアフリカ

アフリカヒョウの画像(出典:フリッカー | Flickr - Photo Sharing!)

アフリカヒョウ
Title:Sleek Samburu She Leopard! | Flickr - Photo Sharing!
Uploaded by Steve Garvie

テレビ番組や動物動画などで、アフリカのライオンやハイエナなどと一緒に撮影されるのが、上の画像の「アフリカヒョウ」です。

学名:Panthera pardus fusca(Meyer, 1794)
分布域:インド

インド北部には「ユキヒョウ」もいますが、ヒョウ(9亜種)とは別種になります。
インドヒョウ:ネコ科 / ヒョウ属 / ヒョウ
ユキヒョウ:ネコ科 / ヒョウ属 / ユキヒョウ

学名:Panthera pardus melas(G. Cuvier, 1809)
分布域:ジャワ島(インドネシア)

ジャワ島だけに分布する亜種なので、島内のジャワリーフモンキーやジャワマメジカ、ホエジカ、センザンコウなどを捕食します。

学名:Panthera pardus nimr(Hemprich & Ehrenberg, 1833)
分布域:アラビア半島からシナイ半島
イエメン、オマーン、イスラエル、サウジアラビア、アラブ首長国連邦など

アラビアヒョウの画像(出典:フリッカー | Flickr - Photo Sharing!)

アラビアヒョウ
Title:Arabian Leopard | Flickr - Photo Sharing!
Uploaded by Land Rover Our Planet

アラビアヒョウは山岳地帯に分布し、上の画像のような、急勾配な岩場にも適応しています。
また、ヒョウのなかでは小型であり、体重はオスでも24キロ - 30キロ。メスでは18キロ - 23.5キロぐらいしかありません。

学名:Panthera pardus amurensis(Schlegel, 1857)
分布域:ロシア南東部、中国東北部、北朝鮮
現実的にはロシア南東部にのみ分布。

アムールヒョウの画像(出典:ヒーマンの上野を散歩)

アムールヒョウ
出典:ヒーマンの上野を散歩

ヒョウのなかでの北限に分布するのが、上の画像のアムールヒョウになります。
夏毛の長さは2.5センチほどですが、厳しい冬の寒さに対応するために、冬毛は7センチほどの長さにもなります。

参考書籍・参考サイト

スポンサーリンク

Leopard crosses river with small cub - MALA MALA Game Reserve - South Africa
Uploaded by WILD4 African Photographic Safaris

伝言版の画像

⑥キタシナヒョウ

学名:Panthera pardus japonensis(Gray, 1862)
分布域:中国華北部から北朝鮮

⑦ペルシャヒョウ

学名:Panthera pardus saxicolor(Pocock, 1927)
分布域:西アジア

ヒョウのなかでの最大亜種がペルシャヒョウになります。
体重:70キロ - 100キロ
④のアラビアヒョウの、3倍ほどの体重になります。

ペルシャヒョウの画像(出典:ウィキメディア・コモンズ - Wikimedia Commons)
ペルシャヒョウ
File:Zoo hannover 9.JPG - Wikimedia Commons
Author:Johannes D.

上の画像を見ても「大きい!」という印象ですが、それでもトラライオンジャガーに比べると小さく感じます。

⑧インドシナヒョウ

学名:Panthera pardus delacouri(Pocock, 1930)
分布域:インドシナ半島から東南アジア

⑨スリランカヒョウ

学名:Panthera pardus kotiya(Deraniyagala, 1956)
分布域:スリランカ島

スリランカ島だけに分布する亜種なので、島内のサルやイニシシ、ホエジカなどを捕食します。

スポンサーリンク


ページ
TOP