Top >  現生動物 >

トドの動画と解説

ページ公開日:2016年4月3日

トド

分類:哺乳類 / ネコ目 / アシカ科 / トド属
体長:オス3.2メートル - 4メートル
メス2.3メートル - 3メートル

体重:オス約1000キロ
メス270キロ - 590キロ

分布域:北太平洋沿岸域
アメリカ中央カリフォルニアから日本海北部および北海道東部
食性:魚やイカ、タコなどの魚介類。

アシカ科の最大種トド

上記のようにオスのトドは体長4メートル、体重約1トンにも達し、アシカ科(アシカ、オタリア、オットセイなど)のなかでは最大種となります。

なお、オスの最大級では体重1120キロ以上にも達します。

トドの生態

トップ画像を見ると、巨大なオス1頭と多くのメスがいますが、トドは一夫多妻(単雄複雌)のハーレムを形成して繁殖します。
時期的には5月下旬から7月上旬ごろで、場所は分布域の海岸や岩礁などになります。


日本国内にトドの繁殖地(ハーレム)はなく、10月~5月に約5800頭が来遊すると推測されています。
主に北海道の日本海側や根室海峡周辺になりますが、青森県にも来遊しています。

なお、近年では来遊する期間、海域のどちらも広がる傾向にあると分析されています。

参考書籍・参考サイト

スポンサーリンク

傷ついた野生のトドが九十九里・・・北海道生息のはずが(14/11/04)
Uploaded by ANNnewsCH

伝言版の画像

千葉県のトド

動画のトドは、2014年11月2日に千葉県山武市の九十九里海岸で発見され、4日に同市内の水族館「鴨川シーワールド」に保護されています。

体長約2.2メートル、体重約196キロのメスの成獣でした。

保護された際には、ダルマザメに襲われたとみられる丸い外傷が6か所あり、「生死は五分五分」と思われるほど衰弱していたようですが・・・。

九十九里浜で発見されたトドの画像(出典:鴨川シーワールド-東京・千葉の水族館テーマパーク)
九十九里浜で発見されたトド
丸い外傷を確認できます。
出典:鴨川シーワールド-東京・千葉の水族館テーマパーク

同水族館スタッフによる24時間体制での懸命な治療を受け、同月末には体重250キロ以上になるまでに回復しています。

さらに、保護から約1か月後の12月6日には、サチという名前で一般公開されています。

名前の由来は山武(んむ)市と千葉(ば)県の頭文字になるそうです。

スポンサーリンク


ページ
TOP