Top > 現代 >

メガマウス

ページ公開日:2020年5月21日

メガマウスザメ

メガマウスザメの画像

三重県尾鷲市(2016年4月)
出典:Megamouth Shark

分類 ネズミザメ目>メガマウスザメ科 >メガマウスザメ

最大体長 7.1メートル

未確認最大体長 8~9メートル

スポンサーリンク

メガマウスとは?

英名ではMegamouth shark(メガマウスシャーク)と呼ばれるように、文字どおり「大きな口のサメ」ですね。

メガマウスやメガマウスザメ、エイリアンシャークとも呼ばれますが以降、当サイトではメガマウスで統一します。

トップ画像は2016年4月15日に、三重県尾鷲市の沖合で混獲された体長5メートルのメガマウスですが、大きなサメですね!

巨大ザメというと、映画「ジョーズ」のホホジロザメのように、「どう猛で危険サメ」というイメージもありますが…。

人を サメを見た目で判断するのは、よくないようです。


下の画像はウバザメで、最大体長は12メートル以上にも達する巨大ザメですが、スゴくおとなしいサメです。

ウバザメの画像

ウバザメ
File:Basking Shark.jpg

食性はプランクトンフィーダーで、サメ類ではウバザメとジンベエザメ、メガマウスの3種だけがプランクトンフィーダーになります。

プランクトンフィーダー:プランクトンを餌にする生物。他の魚類ではイワシやニシンなど。

つまり、メガマウスもプランクトンフィーダーなので、ウバザメのようにスゴくおとなしいサメです。

メガマウスとウバザメは近縁ではありませんが、習性が似ていることから、祖先は同じではないか?とする見解もありますが…。

DNAの塩基配列による推定では、「単一起源ではない(祖先は違う)」としています。

冒頭でも書いているように、メガマウスの最大体長は7.1メートルですが、未確認レベルでは体長8~9メートルという情報もあります。

画像は体長4.2メートルのメガマウスですが、4メートル級でも圧倒される巨大さです!

メガマウスの画像

エクアドル~ペルー沖(2004年3月)
出典:Megamouth Shark

でも、未確認レベルでのメガマウスの体長は8~9メートル。画像の2倍ほどの体長になりますね。

見た目だと、4倍ほどの巨大生物になるのでしょうか?もはや、現生動物の領域だとは思えません。

絶滅動物のメガロドン(推定体長10~20メートル)や、体長10メートル以上のUMAシーサーペントの世界ですね!

ちなみに、メガマウスが初めて発見されたのは1976年。たったの44年ほど前のことです。

丸みのある大きな頭部はクジラのようにも見え、当時は「謎の巨大生物」でした。

スポンサーリンク

メガマウス全147個体一覧

は日本での報告例で、は海外での報告例になります。

1 1976年11月15日
米国(ハワイ州オアフ島)
体長4.46メートル

2 1984年11月29日
米国(カリフォルニア州カタリナ島)
体長4.49メートル

3 1988年8月18日
オーストラリア(西オーストラリア州マンジュラ)
体長5.15メートル

4 1989年1月23日
日本(静岡県浜松市)
体長4+αメートル

5 1989年6月
日本(静岡県駿河湾)
体長4.90メートル


6 1990年10月21日
米国(カリフォルニア州ダナ・ポイント)
体長4.94メートル

7 1994年11月29日
日本(福岡県博多湾)
体長4.71メートル

8 1995年5月4日
セネガル(ダカール州ダカール)
体長1.80メートル

9 1995年9月18日
ブラジル(南部沖合い)
体長1.90メートル

10 1997年4月30日
日本(三重県尾鷲市)
体長5.44メートル


11 1998年2月20日
フィリピン(ミンダナオ島カガヤンデオロ)
体長5.49メートル

12 1998年4月23日
日本(三重県御浜町)
体長5.49メートル

13 1998年8月30日
インドネシア(北スラウェシ州マナド)
体長5.00メートル

14 1999年10月1日
米国(カリフォルニア州サンディエゴ)
体長5.18メートル

15 2001年10月19日
米国(カリフォルニア州サンディエゴ)
体長5.48メートル


16 2002年1月18日
東インド洋
体長2.35メートル

17 2002年4月20日
南アフリカ共和国(ネイチャーズバレー)
体長3.50メートル

18 2003年1月6日
フィリピン(ミンダナオ島カガヤンデオロ)
体長4.97メートル

19 2003年5月26日
米国(カリフォルニア州ダナ・ポイント)
体長6.10~7.60メートル位

20 2003年7月3日
台湾(台湾省花蓮市)
体長2.50メートル


21 2003年8月7日
日本(静岡県御前崎)
体長4.30メートル

22 2004年3月8日
エクアドルからペルーにかけての太平洋沖
体長4.20メートル

23 2004年3月13日
インドネシア(スマトラ島)
体長1.77メートル

24 2004年4月19日
日本(千葉県市原市)
体長5.63メートル

25 2004年4月23日
日本(静岡県網代沖)
体長4.90メートル位


26 2004年11月4日
フィリピン(ヴィサヤ諸島イロイロ州)
体長5.04メートル

27 2005年1月23日
日本(三重県紀勢町沖)
体長5.28メートル

28 2005年1月30日
フィリピン(ミンダナオ島カガヤンデオロ)
体長4.17メートル

29 2005年4月25日
台湾(台湾省花蓮市)
体長不明、体重630キロ

30 2005年5月2日
台湾(台湾省花蓮市)
体長不明、体重680キロ


31 2005年5月4日
台湾(台湾省花蓮市)
体長4.87メートル、体重689キロ

32 2005年5月5日
台湾(台湾省花蓮市)
体長4.83メートル、体重807キロ

33 2005年6月5日
台湾(台湾省花蓮市)
体長3.5~4メートル、体重400~500キロ

34 2006年1月6日
フィリピン(東ネグロス州バヤワン市)
体長5.00メートル

35 2006年3月12日
フィリピン(ミンダナオ島カガヤンデオロ)
体長2.26メートル


36 2006年3月23日
シナ海
体長4.70メートル

37 2006年5月2日
日本(神奈川県相模湾湯川原町)
体長5.70メートル

38 2006年11月16日
メキシコ
体長2.26メートル

39 2007年5月30日
フィリピン
体長2.49メートル

40 2007年6月
日本(静岡県相模湾)
体長5.40メートル


41 2007年7月9日
日本(茨城県東沖)
体長3.70メートル

42 2007年9月23日
メキシコ(バハ・カリフォルニア州)
体長不明

43 2007年9月27日
フィリピン(南レイテ州ヒヌナンガン)
体長2.74メートル

44 2008年6月30日
台湾
体長不明

45 2008年7月10日
台湾
体長5.00~5.50メートル


46 2008年9月5日
フィリピン(南レイテ州ヒヌナンガン)
体長2.13メートル

47 2009年3月30日
フィリピン(ソルソゴン州ドンソール)
体長4.00メートル

48 2009年6月8日
台湾
体長3.90メートル

49 2009年7月9日
ブラジル(リオデジャネイロ州)
体長5.39メートル

50 2009年11月6日
メキシコ(バハ・カリフォルニア州)
体長1.80メートル

スポンサーリンク

51 2010年4月25日
中国南東部沖
体長4.00メートル

52 2010年6月19日
台湾東部
体長不明

53 2010年
フィリピン(ボホール州パミラカン島)
体長不明

54 2011年1月14日
日本(三重県尾鷲市)
体長5.00メートル

55 2011年6月24日
日本(静岡県)
体長5.40メートル


56 2011年7月1日
日本(神奈川県)
体長3.00メートル

57 2011年11月30日
エクアドル(サンタエレナ県サリナス沖)
体長2.43メートル

58 2012年1月
東シナ海
体長5.70メートル

59 2012年7月5日
スリランカ(ニゴンボ)
体長不明

60 2012年3月30日
エクアドル(サンタエレナ県沖)
体長不明


61 2012年10月16日
台湾東部
体長4.29~6.40メートル

62 2013年1月
日本(静岡県相模湾)
体長不明

63 2013年9月6日
日本(神奈川県真鶴町)
体長5.77メートル

64 2014年2月1日
エクアドル(サンタエレナ県サリナス沖)
8~9メートル

65 2014年3月14日
フィリピン(サバン沖)
体長不明


66 2014年4月14日
日本(静岡市清水区由比)
体長4.40メートル

67 2014年6月23日
フィリピン(アグサンデルノルテ)
体長不明

68 2014年6月30日
フィリピン(ミンダナオ島カガヤンデオロ)
体長5.48メートル

69 2015年1月28日
フィリピン(アルバイ州ピオデュラン)
体長4.60メートル

70 2015年3月21日
フィリピン(ミンダナオ島カガヤンデオロ)
体長3.65メートル


71 2015年6月2日
ベトナム(ゲアン省)
体長5.00メートル

72 - 105 2013年4月~2015年5月
台湾(花蓮沖)
体長2.50~7.10メートル

約2年間で、34個体ものメガマウスが刺し網漁で混獲されています。

106 2015年11月
フィリピン(ミサミスオリエンタル州バリンガサグ)
体長不明

107 2016年4月15日
日本(三重県尾鷲市)
体長5.00メートル

108 2016年12月10日
プエルトリコ(カボロホ)
体長4.57メートル

109 2017年5月1日
フィリピン(ミサミスオリエンタル州タゴロアン)
体長3.00メートル

110 2017年5月12日
台湾(花蓮沖)
体長4.40メートル


参考書籍・参考サイト

Alien Sharks: The Megamouth
Uploaded by Discovery

メガマウス111~141例

111 2017年5月16日
台湾(花蓮沖)
体長4.84メートル

112 2017年5月21日
台湾(花蓮沖)
体長4.80メートル

113 2017年5月22日
日本(千葉県館山市)
体長5.5メートル

114 2017年5月26日
日本(三重県熊野灘)
体長5.10メートル

115 2017年5月26日
台湾(花蓮沖)
体長2.95メートル


116 2017年5月31日
台湾(花蓮沖)
体長4.60メートル

117 2017年6月11日
フィリピン(サザンレイテ州ポンドル)
体長4~5メートル

118 2017年6月23日
台湾(花蓮沖)
体長5.20メートル

119 2017年6月23日
台湾(花蓮沖)
体長3.90メートル

120 2017年6月23日
台湾(花蓮沖)
体長3.70メートル


121 2017年7月25日
インドネシア(コモド島)
体長約5メートル

122 2018年2月12日
フィリピン(ネグロス島)
体長4.34メートル

123 2018年3月3日
フィリピン(イロイロ州)
体長不明

124 2018年5月11日
台湾(東海岸)
体長4.37メートル

125 2018年5月17日
台湾(東海岸)
体長4.10メートル


126 2018年5月17日
台湾(東海岸)
体長5.65メートル

127 2018年7月3日
フィリピン(レイテ島)
体長5.50メートル

128 2018年7月11日
ペルー(ピウラ県ロスオルガノス)
体長3.64~4.11メートル

129 2018年7月25日
ペルー(ピウラ県ニュロ)
体長約3.70メートル

130 2018年9月23日
ブラジル(ピアウイ州)
体長1+αメートル


131 2018年10月19日
フィリピン(ミンドロ島)
体長不明

132 2018年11月27日
フィリピン(サンバレス州サンアントニオ)
体長約3メートル

133 2019年1月28日
日本(静岡県沼津市)
体長約4メートル

134 2019年4月20日
フィリピン(パラワン州サンアントニオ)
体長約4.8メートル

135 2019年5月6日
台湾(花蓮港)
体長3.50メートル


136 2019年6月12日
ペルー(ランバイェケ県)
体長3メートル以上

137 2019年7月5日
フィリピン(ミンダナオ島カガヤンデオロ)
体長3.00メートル

138 2019年10月23日
米国(カリフォルニア州サンディエゴ)
体長約4.5メートル

139 2020年3月20日
リベリア
体長3.80メートル

140 2020年6月6日
フィリピン(ミンダナオ島アグサンデルノルテ)
体長6.00メートル


141 2020年6月11日
日本(千葉県館山市)
体長6.00メートル

142 - 147 2020年6月15日~18日
台湾(花蓮沖)
体長不明

最終更新日:2020年6月22日

2020年6月のメガマウス

わずか12日間(2020年6月6日-18日)で、8個体ものメガマウスが混獲されています。

本来は「幻のサメ」なのに、多すぎですね!こうなると、心配なことが2つ出てきます。


1つは、「メガマウスは大地震が来る前に現れる」という都市伝説ですね。

管理人は懐疑派ですが、これだけ続くと少し気になったりもします。

それで、6月にメガマウスが確認されたフィリピン、日本、台湾のアバウトな海域は下図の黄色部分になります。

メガマウスの画像
2020年6月のメガマウス
画像編集:当サイト/2020年

もう1つは、「単なる混獲ではなく、特定の漁業者はメガマウスを標的にしている」という情報ですね。

当サイトでは、2020年6月22日時点で「メガマウス全147個体」としていますが…。

台湾環境資訊協会では、「メガマウスは全226個体で、そのうちの146個体または60%以上が台湾だ」としています。

また、聯合報(台湾の日刊紙)では「今年(2020年)台湾で混獲された8個体のうち、7個体が同じ船だ!」としています。

「えぇ?」となるような話ですが、一漁業者の話であり、台湾の環境団体は強い懸念と危機感を訴えています。

日本のメガマウス

上の画像(2020年6月のメガマウス)のように、台湾での報告例が圧倒的に多いですね。

単なるリーマン(管理人)の推測ですが、フィリピンや台湾周辺から黒潮に乗って日本に来るのではないでしょうか?

なので、「黒潮が最大となる夏の前後(4月~8月)が多いのかな?」と思ったりします。

メガマウスの国別一覧

上記が現時点(2020年6月18日)での、「メガマウス全147個体一覧」になります。

全147個体を国や地域別に分けると、下記のようになります。

1 台湾 63

2 フィリピン 27

3 日本 23

4 アメリカ合衆国 7

5 エクアドル 4


6 メキシコ 3

6 インドネシア 3

6 ブラジル 3

6 ペルー 3

6 中国 3


11 オーストラリア 1

11 南アフリカ 1

11 セネガル 1

11 インド洋 1

11 スリランカ 1

11 ベトナム 1

11 プエルトリコ 1

11 リベリア 1

スポンサーリンク

メガマウスのデータ

SNSなどで、上記「メガマウス全147個体一覧」以外の情報を見ることがあります。

画像や動画を見ると、「マジでメガマウスだ!」と思ったりもしますが…。

管理人個人の見解で、メガマウスの報告例を増やすようなことは控えています。

なので、メガマウスのデータは専門サイトの「Megamouth Shark」を参考にしています。

15年ほど前(まだ30個体ほどの記録しかなかったころ)からの、超~お気に入りサイトです。


ページ
TOP